夜間飛行訓練

夜間飛行訓練

コース紹介

この訓練では夜間飛行をすることができます。夜間飛行は、海外で免許の書き換えをするときに必要となる場合があります。ですので、海外で免許の書き換えを検討されている場合は、夜行訓練が必要となります。 また、その他にも次のステップとして御自身の経験を向上させたい方にもこの訓練はおすすめです。


【平均取得期間:3日】

受講資格

・フィリピン航空局発行の計器飛行証明を持っていること








fo_ill071

入学要件

・申込書

・フィリピン航空局発行の計器飛行証明







fo_ill021

訓練機と施設

この訓練では、ラオアグ国際空港で訓練を行い、C172を使用します。 ラオアグ国際空港はフィリピンイロコス・ノルテ州の州都ラオアグにある国際空港です。 ここでは、夜間飛行のために必要な空港設備が整っており、航空会社やチャーター会社の飛行機の離着陸があります。大型飛行機も離着陸を行うラオアグ空港では、イバ空港とは違う雰囲気で訓練を行うことができ、夜間飛行の経験だけでなくその他の部分でも大きな経験になるでしょう。

fo_ill041

航空英語コース

パイロットライセンスを取得するためには英語の試験に合格する必要があります。 英語を母国語としない方(英語に自信の無い方)でも完全オリジナルの専用のレッスンと教材がありますのでご安心ください。 授業以外に生徒が自主的に学習できるように自習スペースを設け、いつでも学習ができる環境を整えています。 効率よく学習することにより英語で困ることはありません。 この専用英語コース(ELP)を受けられるのはAAA Academyだけです。