コース紹介

自家用操縦士コース

飛行機を操縦するパイロットが最初に取得するライセンスです。 自家用ライセンスは、レジャー等を目的として飛行機(主にセスナ等)を操縦します。 この自家用飛行機のライセンスは、17歳以上であれば老若男女問わずチャレンジできます。家族や友人などを乗せて飛行できて、 日中の有視界飛行で操縦できます。

■ 高校卒業
■ 17歳以上
■ 航空身体検査2級
■ 一定の英語力

■ 入学申込書
■ パスポート
■ 卒業証明書

平均取得期間:4ヶ月

事業用免許コース

プロのパイロットとして報酬を受けて仕事をするために必要なライセンスです。(セスナ等での遊覧飛行や撮影飛行) このライセンスにはそれぞれSingle Engine(単発機)とMulti Engine(双発機)があり合計250時間の飛行経験が要求されています。

■ 航空身体検査1級
■ フィリピンのPPL保持
*海外のPPLをお持ちの場合は、免許書き換え後に受講可能です。詳しくはお問い合わせください。

■ 入学申込み書
■ パスポートコピー
■ 航空身体検査2級コピー
■ PPL コピー
■ NTC コピー
■ ELP コピー
■ ログブックコピー

平均取得期間:4ヶ月

計器飛行コース

雲の中や、天候悪化などの視界が悪くなった時に、計器や管制官とのやりとりを受けて飛行するライセンスです。この免許もそれぞれSingle Engine(単発機)とMulti Engine(双発機)があり、有視界飛行のできない気象条件下でも安全に操縦できるようになります。

■ 17歳以上
■ フィリピンのPPLを保持しており、PICクロスカントリー50時間以上ある方。もしくはフィリピンのCPLを保持している方。
*海外のライセンスをお持ちの場合は、免許書き換え後に受講可能です。詳しくはお問い合わせください。

■ 入学申込み書
■ パスポートコピー
■ 航空身体検査2級もしくは1級のコピー
■ ライセンスコピー PPLもしくはCPL
■ NTC コピー
■ ELP コピー
■ ログブックコピー

平均取得期間:3ヶ月

多発限定免許コース

エンジンが2個以上の飛行機を操縦する場合に必要な免許です。免許を取得するには飛行時間数や筆記試験はなく、自家用単発機の免許があれば取得する事ができます。

■ 17歳以上
■ フィリピンのPPL、もしくはCPLを保持している方。
*海外のライセンスをお持ちの場合は、免許書き換え後に受講可能です。詳しくはお問い合わせください。

■ 入学申込み書
■ パスポートコピー
■ 航空身体検査2級もしくは1級のコピー
■ ライセンスコピー PPLもしくはCPL
■ NTCコピー
■ ELPコピー
■ ログブックコピー

平均取得期間:2ヶ月

飛行教官コース

インストラクターライセンスを取得する事で教官として働くことが可能になります。  受講するには有効な免許を持ち、一定以上の飛行経験が必要となります。

■ 17歳以上
■ フィリピンCPLを保持している方。
*海外のCPLをお持ちの場合は、免許書き換え後に受講可能です。詳しくはお問い合わせください。

■ 入学申込み書
■ パスポートコピー
■ 航空身体検査1級のコピー
■ CPLコピー
■ NTCコピー
■ ELPコピー
■ ログブックコピー

平均取得期間:2ヶ月