パイロットになるには

パイロットになるなら、今がチャンス!

50万人のパイロット不足!

  • アジア太平洋

  • ヨーロッパ

  • 北米

  • 中南米

  • 中東

  • アフリカ

  • CIS(独立国家共同体)

(Boeing社)

パイロット不足

フィリピンにおいて、国内航空会社の利用者数は2,000万人を突破しています。格安航空会社(LCC)の成長や地方都市の経済発展などが利用者増加の大きな要因といえます。

一方、2032年までに約50万人のパイロットが必要になる、という予測も出ております。

パイロットという職業について

航空業界では人員不足だけでなく、高齢化も進んでおり、若く優秀なパイロットに期待を寄せています。パイロットは人命を預かる大きな責任を伴うため、国が決めた厳しい訓練も経験しなくてはなりません。高収入が期待でき、社会的地位も高く、非常に誇り高い職業の一つです。

一般的なパイロットの収入

フライトインストラクター

年間2万から3万ドル

エアラインの副キャプテン

年間5万から6万ドル

エアラインのキャプテン小型の場合

年間4万から7万ドル

エアラインのキャプテン大型の場合

年間10万から20万ドル

パイロットになるには

パイロットとして働くには、最低でも商業用免許(CPL)を持っていなければなりません。また、計器飛行証明(IR)も取得することを薦めます。
商業用免許と計器飛行証明を取得後は、職探しを開始することもできますし、もしくは、タイプレイティングへと進むこともできます。